結婚相談室 いなほ会



「いなほ会」はその草分けは昭和63年頃、当時の保谷稲門会で多賀谷さんを室長としてスタートし、会員の子女での成婚数組の実績のもと、西東京稲門会に引き継がれたものです。その後、平成18年に谷口室長に託され、「結婚しない、結婚できない若者が増加している」という社会現象の問題意識から、地域の皆さんの背中を押してあげるという社会貢献の必要性を感じて、それまでの運営方法を改め、そして当役員会の承認を得て、平成24年12月より結婚相談室「いなほ会」として新たにスタートいたしました。西東京稲門会の会員相互の出会いの場の提供と、社会貢献の一環としてもお役に立てるよう活動していきたいと思っております。

平成25年秋からは近隣稲門会とも連携し、より広い範囲でのご縁のお手伝いをしています。現在、当会には男性・女性会員合わせて130名近くの方が入会されています。既に成婚なされた方々もあり、又何人かの方はお付き合いを続けていらっしゃいます。
出会いの場をより広くしていくためには、多くの方の入会が必要と思っておりますので、ご入会・ご紹介、特に30代の男性の方々のお申し込みをお待ちいたしております。今後も多くの方にご入会いただき、出会いの場が広がるよう願っております。
なお、入会者情報は西東京稲門会だけでは限りがあり、事務局を西東京稲門会に置き、近隣8稲門会と連携した運営体制に至っています。

◇入会資格者 各稲門会の会員・会員の子女もしくは会員の友人など責任ある方のご紹介の方限定。
       東京近郊にお住まいで結婚を望まれている独身男女。
       ご本人の出身校・年齢・結婚歴は問いません。

◇入会方法  お問合せ、入会申込書の請求は下記のお問合せ先にお願いします。
       ご入会は、所定の入会申込書を郵送またはメールでご送付下さい。写真はJpegフ
       ァイルで結構です。連絡通信費等(1,000円)をご提出いただきます。
       入会金、年会費は無料です。詳細は入会申込書をご覧ください。

◇内 容   お見合いパーティーの開催、個別のお相手ご紹介

◇その他   成婚となった場合には「いなほ会」にご寄附(1組5万円)いただいております。
       (今後の運営費と致します)
       個人情報の取扱には充分留意致しております。

「いなほ会」は下記9稲門会で運営しております。
清瀬稲門会、小金井稲門会、国分寺稲門会、小平稲門会、立川稲門会、練馬稲門会、東久留米稲門会、東村山稲門会
西東京稲門会(幹事・事務局)

お申込み・お問い合わせ先
いなほ会会長 竹島 亜機雄 090-6509-0324 a-inahoアットマークlilac.plala.or.jp
事務局長   緒方 章   090-8317-1303 aogattaアットマークyahoo.co.jp

●今後当会の運営をより拡充し、推進するために、スタッフとして業務をサポートして下さる方を募っております。ぜひ仲間として活動に参加してみませんか。



秋の婚活バーベキューパーティー
クリックで拡大 申込書はこちら


真夏の婚活パーティー開催

第8回を迎えるいなほ会主催の婚活パーティーが7月20日(土)、“真夏の婚活パーティー”として武蔵野スイングホール(レインボーサロン)で華やかに開催されました。

お見合いタイムを前に緊張感が漂う?

いなほ会竹島会長の挨拶“出会いの良き日になりますように”

参加者33名(男性18名、女性15名)は、お見合いタイムで真剣に自己PRをし、軽食・飲み物のフリータイムでは緊張感もほぐれてリラックスムードに。カレーライスが意外と好評でした(笑)。ジャンケンゲームの勝ち抜きに一喜一憂と、童心に戻り大いに楽しんでいました。

美味しそうな料理メニュー

フリータイムで飲食コーナーへ

ジャンケンゲームの指揮をとるスタッフ

フリータイムにて(スタッフ4名もビールへ手が伸びる)

再会カードに記入中(何名書こうかな?)

最後に、参加者が「再会希望カード」に、熱心に記入している姿を見ますと、スタッフ一同、幸い希望が叶い進展し、ぜひ朗報を聞きたいと祈りたい気持ちです。参加者の多くから“パーティーは大変良かった”との感想をいただきました。

緒方事務局長の閉会の挨拶

司会のコンビお二人を中心に

当日はご多忙の中、協働稲門会からスタッフとして、18名参加ご協力いただきありがとうございました。

スタッフの皆さん、お疲れさまでした

(写真・記 古賀良郎)


クリスマス婚活パーティー開催

第7回を迎えるいなほ会主催の婚活パーティーが「クリスマス婚活パーティー」と称して、12月15日(土)武蔵野スイングホール(レインボーサロン)にて開催されました。
昨年12月に続き、立地、設備等条件の良い同ホールでの開催です。

参加者は初参加を含む男性・女性各16名の32名。
いなほ会竹島会長より、設立の趣旨、昨年以降4組の成婚実績の披露と「今日の出会いを機にぜひ朗報を楽しみにお待ちします」と“激励”の挨拶があり、司会は気配りの行き届いた大橋忠弘さん(国分寺稲門会)と伊藤佳子さん(小金井稲門会)の名コンビで和やかに進行しました。

 

女性は指定された席を変えず、男性のみ順番に席を移動する。先ずは相手のプロフィールカードを黙読後、質問等を交えた“お話タイム”と“メモ取りタイム”。前半と後半の間にドリンクコーナーでリフレッシュ。

相手全員との面談が終わったら、フリータイムで酒類、ソフトドリンク、軽食を用意。始めの緊張感もほぐれて、グラスを片手にそれぞれ思いを胸に、あちこちに歓談の輪ができパーティーを大いに楽しんでいました。

最後に、「再会カード」に誰を書こうかと真剣に考えている姿が印象的でしたが、思いが叶えられてほしい、頑張れ!と願いたい気持ちで一杯でした。
大盛会のパーティーの締めは、神山和夫さん(清瀬稲門会)の三本締めで閉会。
なお、高橋哲男さん(東久留米稲門会会長)も激励に、また、今後協働稲門会として参加いただく練馬稲門会から小野惣一さん(副幹事長)もオブザーバーとして来場、見学されました。

当日ご協力いただいた委員のみなさん、ご苦労さまでした。 (写真・記:古賀)




いなほ会「婚活BBQパーティー」開催(速報)

第6回いなほ会婚活パーティーを6月23日(土)12時より、小金井公園 BBQガーデンにて開催しました。
前日より天気が心配されましたが、スタッフと参加者24名(男性12名、女性12名)の熱い思いが伝わったからでしょう、幸いパーティーの閉会まで雨を避けることができました。
いなほ会・竹島会長が“楽しく、実りあるひと時であってほしいと思います”と挨拶。

自己紹介がスタート

スタッフの腕の見せ所

早速、焼肉、焼きそばを目当ての参加者

東久留米稲門会・高橋哲男会長(中央)が激励に訪れる


美味しい焼肉、焼きそば、ドリンク等の食事の前後に、参加者の和やかな歓談、交流が続きました。
恒例の輪投げゲームでは、苦戦しながらもムードは大いに盛り上る。

テントの奥で、竹島会長が閉会の挨拶
名残り惜しい中、幸せをお祈りし、また、吉報をお待ちして「手締め」で閉会しました。

清瀬・小金井・国分寺・小平・東村山各稲門会のスタッフの皆様、早朝よりご協力いただきありがとうございました。

(古賀)



2017 12月2日に行われたパーティー

去年の12月2日(土)、武蔵野スイングホールで第5回のいなほ会婚活パーティを開催しました。
男性14人、女性16人、合計30人が参加。閉会時間を30分もオーバーするなどパーティは大いに盛り上がりました。
1対1の短い面談の補足用具として事前に用意した自己PRカードの活用がとても有効的でした。夕方6時半スタートのため、会場からの夜景が雰囲気を一層盛り上げ、ワインを手にしての フリータイムでは積極的なアプローチの姿が見られました。趣味で意気投合したカップルなど楽しげで和やかな雰囲気は、さすが若い世代だなあと思い知らされました。
参加者に感想を記入してもらったところ「いなほ会の入会者は、稲門会の会員による紹介が入会条件となっているので安心・信頼できる」「入会金など無償で、世話人がボランティアであることに感謝している」「今後のパーティにもせひ参加したい」などの記入が多々ありました。
また、再会希望したシートを通じて、当日マッチングしたカップルが3組あり、現在お付き合いが進行中。なんとかゴールを目指してほしいと願うばかりです。
次回のいなほ会パーティは6月か7月にBBQパーティを予定しています。参加者のご紹介をお願いいたします。特に男性会員の増加に力を入れています。
ご照会などについては、緒方いなほ会事務局長まで。

いなほ会会長 竹島昭夫(S40法)



婚活パーティー報告 2017 6月17日(土)15時半〜 吉祥寺東急REIホテル

いなほ会主催の婚活パーティを、6 月17 日(土)吉祥寺東急REI ホテルで開催しました。今回は参加者の年齢を男女とも40 歳以上に限定して行いました。参加者は男性9 人、女性11 人のあわせて20 人でした。

午後3 時半にスタートし、男女全員が1 対1 で持ち時間2 分で自己紹介を行いました(事前に作成したプロフイールカードを活用)。休憩後のフリータイムではワイン、ビールそしてケーキ等を召し上がりながら、少しリラックスして気になる相手に果敢にアタックしている雰囲気がとても印象的でした。緊張感をほぐすための輪投げゲームがより一層効果を上げたようです。
帰りに再会希望シートを提出してもらった結果、マッチングした男女が2 組ありました。成婚に向けて順調なお付き合いが続くことをいなほ会としては期待するところです。(竹島)


ご報告

ご結婚おめでとうございます。
 2016年11月1組
 2017年 3月1組

ご婚約おめでとうございます。
 2017年 3月1組


◇いなほ会初の成婚 しかも2組

昨年(2016)の11月、「いなほ会」と名を改めて以降初めての成婚カップルが誕生しました。めでたく成婚に漕ぎつけたのは、男性44歳(国分寺稲門会の紹介)、女性43歳(西東京稲門会の紹介)のカップルです。2組目も、同じ国分寺と西東京稲門会紹介のカップルで、3月に入籍の予定です。2組の出会いは、いなほ会が開いたお見合いパーティでした。(去年のBBQパーティ いこいの森公園)
いなほ会は、近隣稲門会にも参加を呼びかけて3年前から毎年1回「婚活のパーティ」を開催し、カップルの誕生を後押ししてきました。こうした地道な活動が今回の2組の成婚につながったものです。
今年は、4月から5月にかけて男性45歳以上、女性40歳以上に限定した婚活パーティを予定しています。是非とも参加者のご紹介をお願いします。

いなほ会会長 竹島亜機雄


いなほ会BBQパーティー(2016/10/15)
於:いこいの森公園

天候にも恵まれ、32名もの参加者がありました。当初、自己紹介タイムでは少し緊張ぎみでしたが、和やかな雰囲気に変わるのは時間の問題でした。

焼きそば、焼き肉、飲物コーナーを囲み、話がはずむ即席カップルたち…。笑い声まで聞こえてきます。
「ぞうさんチーム」「うさぎさんチーム」に分かれて競った輪投げ大会も盛り上がりました。
気がつくと、焼き肉はほとんど完売!(笑)

参加者の皆さんは、楽しく有意義な一日を過ごされたことと思います。

近隣稲門会の担当者の皆さん、司会進行等お疲れ様でした。また、朝早くからの準備、当日の運営そして後片付けとフル回転のスタッフの皆さん、ありがとうございました。(緒方)



昨年のパーティー

結婚相談室「いなほ会」の2回目のお見合いパーティーを、去年の11月8日(日)に開きました。「いこいの森公園」でバーベキューを予定していましたが、当日の天気は雨。あわや中止となるところを、谷口室長がご自宅を会場に提供して下さるという粋なはからいで、ホームパーティーとなりました。
今回は、男女合わせて27人が参加。アットホームなパーティーとなり、参加者から大好評でした。
まだ、成婚に至ったカップルはありませんが、3組が引き続き交際を続けている模様です。
課題は男性の登録者が少ないことです。適齢の男性に心当たりのある方は、ご紹介をお願いします。
(連絡先竹島亜機雄)




「お見合いパーティー」を開催しました

(2014)11月30日。いなほ会主催のお見合いパーティーを吉祥寺第一ホテル5F桂の間にて開催しました。参加者は男性20名、女性23名でした。会員の皆様の協力のお蔭で、部屋の定員40でしたが、それを超える盛況なものでした。
13:30受付開始。14:00にスタート。まず、私が冒頭挨拶で、いなほ会の設立趣旨を説明し、谷口室長より今回のお見合いパーティーを含め、いなほ会の運営について説明を行いました。進行係を国分寺稲門会の大橋さんが行い、そのアシスタントを瀧澤巴さんが務めました。男女全員が1対1での自己紹介を一組3分30秒の予定で始め、また、フリータイムで盛り上がり、当初のスケジュールをオーバーして、2時間の契約をホテル側の好意で、1時間無料延長でお開きでした。
限られた時間では、お互いに相手に言い伝えられないことも予想され、「再会希望シート」を提出してもらい、一人5名まで記入できるものとしました。
稲門会という素人の主催のため、完璧な運営はできませんでしたが、参加者が帰るとき、「このような機会を作って頂き、ありがとうございました」という一言を聞き、当日のスタッフ全員が安堵しました。そして、再会希望カードを提出して帰っていきました。
成婚に至るまでは時間がかかるので、どうなるかわかりませんが、その後、何組かの交際が進行しています。
当日の受付等スタッフとして小嶋さんと古賀さん(西東京)、神山さん(清瀬)、国分さん(小金井)、滝川さん(東村山)。事務局長の原田さんが突然の海外出張となり、大橋さん(国分寺)に進行係を務めていただきました。
「いなほ会」はその草分けは昭和63年頃、当時の保谷稲門会で多賀谷さんを室長としてスタートし、会員の子女での成婚数組の実績のもと、西東京稲門会に引き継がれたものです。その後、平成18年に谷口室長に託され、「結婚しない、結婚できない若者が増加している」という社会現象の問題意識から、その背中を押してあげるという社会貢献の必要性を感じて、それまでの運営方法を改めそして当役員会の承認を得て、会の名称も「いなほ会」として再スタートしたものです。そして登録者情報は西東京稲門会だけでは限りがあり、事務局を西東京稲門会に置き、近隣稲門会に声をかけ、現在、東村山、小平、清瀬、東久留米、小金井そして国分寺(検討中)の各稲門会と連携した運営体制に至っています。
西東京稲門会の目的には、「会員相互の親睦、大学発展への協力そして地域社会への発展向上に寄与」の三つがあり、西東京稲門会では、「稲門寺子屋西東京」と「いなほ会」を地域社会貢献の柱として、他の稲門会には無い、誇れるものとして今後も継続させたいと思います。  (竹島亜機雄)


担当者より

今後当会の運営をより拡充し推進するために、スタッフとして業務をサポートして下さる方を募っております。ぜひ仲間として活動に参加してみませんか。

 総合事務局


戻る